one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第65試合『DREAM』
昨日寝たのが午前0時過ぎ。
何でかって?
いや、ジュニア達が興奮しちまって、さ。
「寝れなぁい。眠くなぁい」
と、甘えてきた。
「うっさい。寝ろ。明日、テニスで上手くできないぞ!」
とも何だか可愛そうで、だってさ…楽しそうなんだもん。
「じゃ起きてれば」
ちょっと酔ってしまってあまくなったかな?
自販機には上品な酒しかなくて、仕方なく寝酒に梅酒を買った。
事実、半分近く飲んだところで俺は配分てきとうなレモンサワーが恋しくなる。
が、しかしジュニア達は容赦ない。
「僕はお酒飲む人が嫌い~」
「うえ~、コーチ、酒飲むの~」
「なんやかんや~」
ま、要はいろいろ責められたわけだ。
・・・・・ちぇっ・・いいんだ。
ただ、俺の消灯時間延長許可に対しては、
「いいの?!やったぁ~!ありがとう!コーチ!」
現金な奴等だ。

昨日今日とスクールのジュニアキャンプ。
だった一泊だが、彼等彼女等の一生の思い出になれば、それでいい。

帰りの電車でふと、聞いた。
「ねぇ、君は将来何になりたい?」
「う~ん、インド人になりたい」
一瞬しらけて、
「あっそ。大変だねぇ」
「うん」
そして、間が空いて恥ずかしそうに下を向きながら俺に言ってきた。
「僕はねぇ、ホントはねぇ、テニスのねぇ、プロの選手にねぇ、なりたいんだ」
嬉しくて、言葉が出なかった。
「・・・そうかい!じゃあ帰ってからも頑張ろうね!」
「けどさぁ、無理だよねぇ」
「そんなことはないさ!頑張ろうね!」
「・・・うん!」

これがあるからやめられねぇんだよな。

さ、明日からもファイトだぜ!
スポンサーサイト
★第64試合『motivation』
「じゃあ、テニスが上手くなるために一番必要な事は?」
「う~ん、フットワークですか!」
「はい、頭だして」
「あ、ちょっ、ちょっと待って!あ~・・・(ゴン!)いてっ!ちょっとは手加減してくださいよ!」
「うっさい。はい、あと三秒以内に答えて。3、2、1・・・・・」
「うあぁぁ~。えと、え~と・・・・素質?」
「ア・・・・・ホ!!出せ」
「・・・・頭ですよね?(ガゴン!)いでっ!」
「ギブ?」
「はい・・・」
「答えは・・・・トモハル、分かるか?」
「モチベーションです」
「そうだな」
「あれ?何でしってんの?て言うか、何で俺に教えてくれないの?きったね~」
「いいか?モチベーションが低かったら、どれだけ練習しても上手くなんかならない。
それを与えるのもコーチの役目だよ」
「はぁ」
「だから、お前の今日のジュニアレッスンは、お前が悪いんだよ。分かる?」
「は?ジュニアが真面目にやらないことが、ですか?」
「そう。なのにお前は・・・・」
「・・・・説教しました」
「そう!悪いのは・・・・・」
「僕なのに?えぇ~」
「まだ分かってないか?」
「だって、アイツラいくら言っても言うこと聞かないし。・・・俺だって、ちゃんとやってますよ!」
「つもり、だろ?俺ならもっといいレッスン出来るよ?来月から代わるか?」
「ぐ・・・いや、全然負ける気無いっすから!
いつまでも上から目線で居られると思わないでくださいね!」
「じゃあ、ダメなら再来月代えるからな」
「分かりました!すいませ~ん!生中追加で!」
「あ、俺レモンサワーね」
「僕カシスオレンジで」
「はいはい!ったく、自分で頼んで下さいよ!」

と、まあ、こんな感じのやり取りは、毎日だった。
読んでもらえれば解るように、モチベーションを与えられていたのは、俺だったんだな。
う~ん、やるなぁ。

明日からまた頑張ってみますか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。