one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第68試合『忘れもん』
「聞いて下さいよ~」
「どうした?」
「彼女がもう一つアルバイトを始めるとか言い出して、今度から週末に来れないって言うんです
よ~」
「へぇ。で、お前はどうしたの?彼女がバイトすんの止めたの?」
「いや、止めるのもどうかなとは思ってるんですよね。アイツのやりたい事でしょうし。ただ・・
・」
「ただ?」
「会えなくなっちゃうのはイヤなんですよね~」
「わがままなヤツだな」
「遠距離だから、会えるときを大事にしたいんです!」
「・・・遠距離たって、神奈川と埼玉でしょ?たいして遠くないだろ」
「そう言われちゃうと・・・」
「お前が行けばいいじゃん、会いに。『今、会いにゆきます!』みたいな」
「まあ、そうなんですけど・・・茶化さないでくださいよ~」
「ゴメンゴメン。・・・あ!きったねー!自分は行かないで、来てもらうことばかり考えてるだ
ろ!」
「ぐ・・・」
「そうやって、与えてもらうばかりじゃなくてさぁ、奉仕の精神を持ったほうがいいと思うよ?」
「・・・」
「イライラしないで大きな心、考え方で、な。別の方法を考えて上げなよ。それが優しさ、だろ
う?」
「は~い・・・」

燃え上がるような気持は最初だけ?じゃダメだよね。
二週間後も、一ヵ月後も、一年後も・・・・変わらない気持ちでいられたら素敵だよね。

そういえばさ、今日のお前のレッスンはどうだったの?
テニスと出会った頃のような、純な気持ちで出来たかな?
一生、ね。

“馴れ合いを求める俺 新鮮さ求めるお前
お前は俺のために なのに俺は俺のため
春の夜風に打たれ 思い出に殴られ
傷重ねて 気付かされた大事なもの握りしめ”
(純恋歌/湘南乃風)

大事なもんは忘れずにいなきゃな。

あれ、この原稿の締め切りって、今日までだっけ?
忘れてた!編集長、イライラしないで、待ってて下さ~い。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。