one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第9ゲーム『本当の理由』
プレゼントをもらった。
綺麗な折り紙に絵が描いてあったよ。
一枚は動物園に行った時の絵。
もう一枚はチョウチョが描いてあって、ピクニックかなんかかな?
どちらもとっても素敵な絵だった。

贈り主は今月でスクールを辞めてしまう女の子。
まだ5歳。
この子との出会いは鮮烈で今でも覚えている。

「ねぇ、どうしてボールを打つの?」
『ビューンってボールが飛んだら、楽しくないかい?』
「楽しくない・・・」

これだよ。
ちょっと言葉が詰まっちゃったよ。
こんなこともあったな。

「私ねぇ、テニス好きじゃないの!」

けどね、何回かレッスンを重ねるうちに分かってきたんだ。
こんなことを言う理由が。

ある時、いいボールを打ったのを俺が褒めた。
俺が勝手に1人で喜んでたんだけど、ふとその子の顔を見たら、すっごい笑顔。

この子は、上手くできないことがとっても嫌だったんだね。
「好きじゃなければ」できなくてもいいんだって、
自分の中で線引きしてしまっていたんだ。
・・・・俺の責任。
この子に、「テニスを好きになってもいいんだ」って思える
きっかけを与えてあげられてなかった。
最後のレッスンは楽しそうにテニスして、俺に笑顔の贈り物をくれて帰ってったよ。

彼女がここを去ってしまう理由。
テニスを好きになってくれていたか、どうか。
本当の事は分からない。
けどこの子は俺の心の中にずっと居続けるだろうね。

近い未来でも、遠い将来でも構わないから、ラケットを再び握って欲しい。
その時が来るまで俺はコートに立っているから、またテニスしてくれよ。
そのときは、この贈り物のお返しが出来ると思うから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。