one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第55試合『“トスアップ~俺達の道~”第三話』
《前回のあらすじ》
どうしても納得がいかないメンバー選考に苛立つ主人公スミオ。
眠れない夜を過ごした翌日、部室に向かう。
そこには、自らをメンバーから外し、控えに回ったユウスケがスミオを待っていた・・・。

「ユウスケ・・・」
「お、早いな。早く着替えて練習しようぜ」
まるで俺と話すことを避けているみたいな早い返しだった。
その事に更にイラッとし、プチっとスイッチが入った。
アイツの言葉は無視して、続けた。
「昨日の話、まだ終わってないんだけど」
「話?ん、メンバーのことか?」
「ああ」
「2年の金子で大丈夫だよ。俺、この前やられたし。最近急成長だぜ、あいつ」
「確かに伸びてきてるよ。けどな、それでもお前のほうが上だし、経験だってある」
「・・・」
「最後の大会なのに!2年に任せていいのかよ!」
「・・・」
沈黙があった。
ほんの数秒、それも1~2秒程度だったが、それでもスミオには長く感じた時間だった。
-どうなんだよ!-
あとほんのちょっと、沈黙が続いていたら大声をだしていただろう。
それを感じ取ったのか、
「変えるつもりは無いよ。金子にも、もう話してある。さ、それより練習だ」
絶妙のタイミングだった。
この間の取り方、外し方とでも言おうか、ユウスケの持って生まれた才能の1つだろう。
ペアを組んでいて、頼れるところでもあった。
しかし今回は、その事ですかされた。
ユウスケは真っ赤なラケットを持って部室を出て行った。
その日の練習はいま一つ集中できずに終わった。
部活後、いつもの店にも寄らずに、ユウスケは俺を避けるように帰っていった。
「じゃ」
それだけを言い残して。
後を追おうと、ラケバを担ごうとした時、
「スミオ、ちょっと残れ」
引き止められた。
顧問のニイホリ先生だった。
正直、うまくすり抜けてアイツを追いたかったが、呼び止めたニイホリの雰囲気がそうさせなかった。
「ユウスケの事なんだが・・・・」
俺はラケバを置いた。

かわすユウスケ。
追うスミオ。
顧問のニイホリは何を語ろうとしているのか?

(青春テニスストーリー掲載は不定期です)

つづく・・・(もう限界?)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。