one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第20ゲーム『怒りんぼ』
先生と友達に「さよなら!」して、僕は家へ走るんだ。
運動会の徒競走なみだよ、この速さは。
間に合わないもん、急がなきゃ。

何に?

火曜日は塾、金曜日はピアノに行ってるけど、木曜日だけは大変。
だって時間ギリギリなんだもん。

うちまで走って、お母さんが準備してくれたおやつを口に詰め込んで、
僕のラケットを背負って、自転車でダッシュ。
コートに出ると、いつも、
「早くしなさ~い!」
コーチが僕の姿を見つけるとすっげぇおっきな声で呼ぶんだ。
いっつも呼ばれる。
けど前までは、
「なに寄り道してたんだ!」
て、怒られたんだよ。
『学校が終わって、すぐ家に帰って、走ってきた・・・・』
て言ったら、怒らなくなったよ。

だけどね、それでもコーチはなんだかいつも怒ってるみたいでさ。
体操をしてる時も、ボールを打ってる時も、拾ってる時も、ラリーをしている時も。
声なんか風邪を引いてるみたい。
かすれてるんだ。
けどね、たまになんだけどすっげぇ褒めてくれるんだ。
「よく出来たね!それでいいんだよ!」
ってね。
僕は思いっきりラケットを振って、ボールを思いっきり飛ばしただけなのにな。
なんだか嬉しくて。

あとね、テニスの後にコーチをからかうのも楽しみなんだ。
テニスを教えてくれる時とは違って、ちょっと優しいし。
けど、コレは秘密。

お母さんに言われてテニスを始めてみたけど、今はピアノよりも楽しみかな。

さ、早く行かないと、また怒られちゃうから急がなきゃ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。