one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第34ゲーム『自信の付け方』
「ジュニアのクラスを担当したいんです!研修して下さい!」
スタッフの一人が俺に言ってきたんだよ。
そいつは、とても一生懸命な子でね。
『よし!じゃあ子ども達に正しいテニスを伝えられるように頑張ろうぜ!』
って、答えてあげたんだ。
嬉しかったしね。
でもね、そいつが続けてこう言ったんだ。
「けど僕、子ども達をまとめる自信がないんですよね・・・」
・・・・・。
なーに言ってんだよ。
自信を持ってレッスン出来てる奴なんて、この業界に何人いると思ってんだ。
そんな奴らは一握りだし、勘違いしてる奴なんて腐るほどいるぜ。
みんな自信なんて無い中で、試行錯誤しながら、工夫しながら頑張ってるんだよ?
いくら俺がお前に“子ども達のまとめ方”を語ったって、
そんな飲み会中の酔っ払いの戯言かもしれないし?
実際にコートに立ったらそれが通用するかは分からないんだぜ。
マニュアル通りにレッスンが進む事は滅多にないんだ。
それは「人」と「人」だからさ。

お前だってONE BOYSの一員なんだから、そんなに心配しなくても大丈夫だよ。
前から言ってるだろう?
レッスンは情熱と愛と一握りの知識で十分だって。
お前に足りないのは何だろうね?
さあ!コートに上がろうか!
それを見つけに行こうぜ!

待ってろ!ジュニア!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。