one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第45ゲーム『成長』
今日は今季初の鍋パーティー。
面子は昔の仲間。
おい、一体誰が作るんだよ!ってな顔ぶれ。
まあなんとかなったよ。
で、あれは何鍋だったの?
ま、いいか。
だけどさ、メインの鍋より締めのうどんの方が量が多いのはどうかと思うぜぇ。
ま・・・いいか!

鍋が終わったら、それぞれ思い思いの酒を片手に語り合い。
まあテニスの話になるんだよね。
もちろんジュニアトークあり。
「そう言えば、あの子どうしてる?」
「あの子上手くなりましたよ~。ま、僕が担当してるんですけどね~」
「アイツは?」
「相変わらずですね。ちょっと太ってきたかも」
「ふ~ん、あの子は?」
「大人びてきましたよ。あの頃と大違い!あ、そうそう!この前、旅行に行ってきたとかで、
お土産もらっちゃいましたよ」
「・・・ふーん」
「あれ?羨ましいんですか?ねぇ?羨ましいんですかぁ?」
「うっせーなぁ。そんなんじゃないよ」
「無理しちゃって。まあ仕方ないっすよ。もうoneboyさんは過去の人なんすよ」
「なんだよ、それ。まるで別れた昔の彼氏みたいな言い方だな」
「あれ、そう聞こえました?」
「ふん」
「はいはい、怒らないで。ごめんなさい」
「謝るな。よけい惨めな気持ちになるわい」
「大丈夫ですよ。あの子達にとって、oneboyさんは何時までもoneboyさんですから」
「お前、口が上手くなったな。まあ、呑もうぜ」
てな感じで夜が更けていった。

親は無くとも子は育つ。
まあ、俺は“親”じゃないが、親みたいな存在でいたかったのでこの言葉を使わせて
もらったよ。きっともうあいつらは、新しい“親”に育ててもらってるんだろうけどね。

じゃあ俺は育っているだろうか?
再びあの子達の前に立ったとき、胸を張って会えるだろうか?
大事な何かを忘れてないかい?
小さな一歩でいいから確実に踏み出そう。
変えられるのは“未来”、そして自分のみ。

大きく大きく成長出来たとき、また会いに行くよ。
だからその時まで歩き続けなきゃね。
待ってろ!明日!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。