one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第5試合『poker face』
「お前さ、あいつがいると練習中、動きが違くない?」
「え?」
「たしかに!明らかに違うねぇ。ポイント決めたらぁ、よく吠えだすしぃ」
「そんなことないだろ!」
「あるね。なに?好きなの?好きなのぉ?」
「ばっ、バカだな。何言ってんだよ!!」
「まあ、いいじゃん。人が人を好きになる。とっても当たり前で、とっても素敵なことじゃないか!」
「素敵なことじゃないかぁ!」
「お、俺がアイツをス二hrいp:うdす▲るいえういkfjlcjxlls;・・・・!!」
「きゃ~、こわい。何ムキになってんの?」
「なってんのぉ?」
「もういい!早く帰ろうぜ」
「何だよ。いつもなら『早く飲みに行こうぜ!』って言ってくるのに。・・・・え?あれ?図星?」
「図星ぃ?」
「五月蝿い!」

試合じゃどんなに辛い状況になっても顔には出さないのに、今日は簡単に出ちまったなぁ。
それにアイツラ、試合中に相手の弱点なんか見つけたことなんかないのに・・・。
「自分のプレーをするのみ!」とか言って二人で意気投合してダブルスまで組んじゃって。
だけど、こんなことだけ、すげぇ敏感だなぁ。
あの観察眼を、もちっとテニスに向けて欲しいぜ。
ん?じゃ、やっぱり図星?
そりゃ内緒。
アイツラにはね。
だってもうデートの約束は・・・取れてない・・・。
固いんだな~ガード。
そして、スルリスルリとかわされちゃうんだよ。
ま、いっか。
テニスじゃ早めにポイントを決めたい俺だけど、こっちはとっても粘り強いし。
「なぁ、ホントに行かないの?」
「行かないのぉ?」
「・・・・」
「からかって悪かったよ」
「悪かったよぉ」
「・・・・」
「何でも相談に乗ってやるからさ」
「やるからさぁ」
「・・・分かった!分かった!行く!行きますよ!行って下さい!」
「そうそう。そうやって素直になればいいんだよ、テニスも・・・」
「恋愛もぉ!」
「お前ら、殴る。絶対殴る!」

何かを頑張る理由に良し悪しもないはず。
今はこの理由でもいいんじゃないかって、自分に言い聞かせてる。
明日もとことんボールを追うか!
もちろん顔に出ないようにね!
さ!FIGHT!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。