one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第7試合『“とこだけ”な奴、そうじゃない奴』
「ほれみろ!」
「何が?」
「見りゃわかんだろ?!雪だよ、雪!お前が朝練しよう!なんて言うからだぜ!
試合が近いからって・・・そういうとこだけなぁ・・・」
「なんだよ、それ」
「あ~・・・もう、うっすら積もってるし・・・こうなるとな、バイト先のコートの雪を・・・ほら来た!
・・・はい!お疲れ様です!明日ですか?はい!はい!大丈夫っす。7時集合?はい!
もちろん大丈夫っす!はい!はい!失礼します!・・・はぁ~」
「どした?誰から?」
「バイト先のヘッドコーチから。明日、雪掻き決定だってさ。チキショー!
俺、今日の飲み会パスね」
「マジかよ~!みんな来るんだぜ。ほら、○○!○○ちゃんも来るんだぜ、
あの、お前が気にしてたあの子」
「しらん、どうでもいい」
「嘘つけ、アホ」
「嘘じゃねぇ!ましてアホじゃねぇ!!」
「はいはい、そういうとこだけ、仕事優先みたいな顔しちゃって」
「・・・喧嘩売ってんの?」
「ん?買う気があるなら売ってやるよ?」
「上等!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「じゃあ8時ね。スマンが頼むよ。うん、ああ、じゃあな」
「捕まりました?」
「何とかね。皆来たくないんだろうけどな」
「はは。ヘッドに言われたら断れないんじゃないすか?仕方なく、ですよ」
「おい、せめて義理人情くらいに言ってくれよ」
「どっちにしても来てくれるだけいいじゃないっすか。変な言い訳して、
かわす奴っているじゃないですか?だけど美味しいとこだけ持ってく、みたいな。
俺、そういう奴、大っ・・・嫌いなんすよね!」
「まあ、そう言うなよ。そうだ、明日は雪掻き終わったら、皆で飲みにでも行くか?」
「あ、明日はやめときます。俺、次の日朝一だし」
「そうか。鍋代くらいは出してやろうと思ったのにな。お前が来ないなら、
二人前浮いた勘定になりそうだから、あのうどんすきの美味い店にでもしちゃうかな」
「あ、え、ちょっと待って下さいよ。あそこっすか?え、奢りっすか?
行きます!うどんすき、行きます!」
「・・・美味しいとこだけ持ってくのな」
「俺の場合は雪掻きしてるから、『とこだけ』とは違いますよ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「おはようございま~す」
「おはよう。ん、どうした?そのあざ」
「なんでもねぇっす!さ、早く雪掻きしちゃいましょう!」
「やけに張り切ってるじゃないか!今日は終わったら、うどんすきだぞ」
「いや、ちょっと昨日飲みすぎちゃって・・・」
「なんだよ。かわいい子でもいたのか?」
「勘弁して下さいよ~。そんなんじゃないっすよ」
「そうか・・・今日は俺の奢りなのになぁ!」
「・・・行きます!さ!頑張りましょう!」
「お前も『とこだけ』人間じゃないもんな」
「なんすか?それ?」
「こっちの話だよ。それ、美味い鍋を食うために頑張るぞ!」
「うっす!!」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。