one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第7ゲーム『郷に入ってもgo my way!』
今日は出張レッスンで都会の真ん中にあるスクールに来た。
ラストはジュニアクラス。
場所が違えば勝手が違う、てな感じで、そこのやり方に沿ってやったんだ。
前半はね。
ジュニア達も知らないコーチが来て緊張してたみたいだしさ。

でもさ、ジュニアと俺の間をボールが行き来してくると、我慢できない訳。
血が沸騰してくるのが分かるんだよ。

「今、この時は一瞬だけ」

この場を逃してしまったら、この子達にはもう会えないかもしれないんだよ?
俺の想いを伝えられるのはあと一時間ないんだよ?
なんて考えたら、柄にもなく、いや柄通りか、アツくなっちまった。
距離を感じていたジュニアに、一歩二歩突き進んで近付いた。

やっぱりね。
あいつらは、見知らぬ俺を警戒しているじゃなくて。
自分を出して来ない俺を不信してたんだな。

引いてるのは俺だったんだ。

距離を縮めたら、笑顔だわ、良く喋るわ、話聞くわで。
表情が全然違うんだよね。
そっからはコート上の体感温度が3℃は上がったかな。

そして、俺の「愛」は多少なりとも伝わったはずさ。

世間のジュニアを担当してるコーチ、お前らはどうだい?
何割くらいなんだよ、踏み込めてる奴は?
出来てるよ、って答えられなかった奴。ちょっと迷った奴。
とにかく即答できなかった奴。
お前ら気合い入れ直してくれよ。
だってこれからの時代は目の前の奴等にかかってんだぜ!

あぁまた体温があがっちまった。
いきつけの呑み屋にでも行って、同期のあいつに話きいてもらうかな。
帰りの電車でメールでもしてみるか。

じゃあな、またどっかのコートで会おうぜ!
湾岸テニスジュニア!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。