one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第26試合 『限りある時間の中で』
もう今年も半分が過ぎようとしている。
年々、その感じ方が早くなってきている。
10年前のそれとは大違いだ。

今年に入って、テニスに対してもう一歩、歩み寄る決意をした。
この半年でのレベルアップの度合いが、大きいか小さいかはちょっと分からない。
けど、自分なりに必死にやったつもりではある。

10年前、大学生だったあの頃。
テニスはしていたけど、深く考えていなかったし。
ただボールを追いかけているだけだった。
それはそれで楽しかった事ではあるんだけど。
もったいない日々だった。

職場のアルバイトスタッフは大学生がほとんど。
当たり前だが、毎年、新しく入ってくる。
今年は平成元年生まれが来た。
当たり前だが、俺は毎年必ず1つ歳を取っている。
年々、スタッフ達とは離れていくわけだ。

よく彼等とテニスして、飲みに行く。
歳は離れていても、上手く付き合えるのは、あっちが大人なのか?
それとも俺がガキなのか?

酔っ払って、決まって言う台詞がある。
若い奴らは、堪ったもんじゃない、とばかりに受けながして違う話題に。
ちえっ。

最近、「テニスバカ」と出会っていない。
ふと頭をよぎるのが、「俺はどうだったのかな?」
同じ感じだったかも。

我武者羅に出来るようになったのは、ここ最近。
永遠だと思っていた時間が、限度があることに気付いたから。
きっとそう。
この半年間が早かったのは、そのせいでもあるんだろう。
じゃあ、きっと残りの半年は更にスピードが上がるな。

若い奴らに言う台詞は、本当は昔の自分に言いたいんだよ。
だけどアイツラにも後悔してほしくないから。
台詞?うん、まあ、これ。

「もっとテニスすれば?」

・・・・やっぱ説教かぁ、これじゃ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。