one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第37試合『嘘と本音と強者と弱者』
気にくわない、つまらない夜はいつだってやってくる。
恋人と喧嘩した時なんて、まさしくその時。
ちょっとしたことで言い合って気まずくなったり。
嘘でもいいから『こめんなさい』を言ってれば。
いや、言えないよな、全てが真剣だったから。
ちょっとずる賢くなった今なら言えるかも、ね?

目の前にあるグラスに手を伸ばすけど、それは結局逃げてるだけ。
しかし、手は止まらずに、異様に濃いウーロンハイを飲み干す。
『誰だよ、これ作ったの?』
人のせいにするのは上手いんだ、昔から。
腹を立てるな。
それが事実なら尚更だ。
『何も分かってないくせに』
なんて悔し紛れの、その上、安っぽいセリフを酒と一緒に飲み込むんだ。
「ソノトオリデスネ」
なんて話せばわかる奴みたいな言葉で自分を防御する。
「ワカッテマスヨ」
ちょっとばかりの虚勢が唯一自分を守る手段。
そんな全てが嫌で、早く改札をくぐりたかった。
まだまだ終電までは時間がタップリあるのに。

“もういいんじゃない?それなりによくやったんじゃない?”
どこからともなく声が聞こえてくる。
流されていく日々、自分が恥ずかしくなる。

“頑張れよ!!”
誰にだって言えて簡単な言葉で奮起できる・・・・そんな年齢は過ぎちまったんだな。

「オマエラニイワレタカラジャナイ」
とりあえずまた言い訳してラケットを握るんだ。
やっぱりテニスが好きなんだ。
仕方ない。

生まれた時から見てくれている人からメールが届いた。
「元気?ブドウを送ったから食べてね。甘いから」

返事は、まだ返せてない。
「もうちょいだけ、頑張ってみるから」
送信ボタンを押せないのは、言いたい事じゃないからかな。

『ありがとう』

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。