one boy達のテニスへの想い・・・毎月10日、25日更新!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第43試合『差』
二日間のセミナーが終わり、飲み屋での『お疲れ様でした会』での事。

「今回のセミナーも色んな内容があって面白かったよねぇ」
「うん。どこが一番良かった?」
「そうだなぁ・・・俺は初日の午後2番目に話した人と、2日目の午後の女性の講義かな」

「ほ~。けど初日の方の人は緊張してたよね」
「そりゃそうでしょ。俺なんかあの場所に立つことすら出来ないよ」
「協会の方にだって講師を選ぶ権利はあるもんね~」
「うん、そう・・・・・いやいや!そうじゃなくて!緊張しちゃって震えて立てないだろうなって事!」
「あ、そう言う事か」
「でもさ、サッカー協会の人の話もグッと来たよね」
「そうだね。『サッカーを広めるためなら何だってやる』って」
「アツい人だった」
「俺達も、もっと頑張らなきゃいけないな」
「そうだよね。日本リーグ時代のサッカーなんて、雨が降ったら家族しか応援にいなかったんだ
もんね」
「うん。それがJリーグが始まって、ワールドカップに出場するようになって・・・。雨の日で
もサポーターはたくさん!」
「テニスもサッカーもスタートは良い勝負だったのに、今は置いてかれてる気がする・・・」
「けど、サッカーが伸びてきた大きな要因に“キャプツバ”は外せないんだってね」
「確かに!漫画、今でもやってるし。けど俺達にも“テニプリ”があるからね!」
「ニシコリ&テニプリでサッカー界に負けないようにしなきゃ!」
「おう!なんかやる気が出てきたぜ!」
「じゃあ、とりあえずもう一軒行っとく?」
「いいね!寿司でもどう?」
「そう言うと思った。わさびたっぷりのカッパ巻き食べに行く?」
「あの泣けるヤツ?」
「そう。泣けるカッパ」
「よし!そうしよう!行こう!!」
「けど、やっぱり・・・」
「何?」
「セミナーの時よりお前、生き生きしてるよね」
「えっ!!・・そう?まあセミナーと飲み会はまた別もんだからさ~」
「はいはい」

テニスを日本一メジャーにするためなら、何でもやる!
セリフを言うだけなら、なんとでも・・・。
分かってる、そうだよ、まだ何もやれてないよ。
明日、いや今から命掛けてかなきゃな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。